エンディングノートと遺言の違い | 浜松遺産相続相談所

エンディングノートと遺言の違い

2015.04.14

エンディングノートと遺言はよう混同されがちですが、実は役割がまったく違います。当コラムを参考に、エンディングノートと遺言の違いを正しくご理解いただければと思います。

 

エンディングノートとは

エンディングノートは法的には一切効力のないものです。
法的には、「メモ」や「備忘録」と同じ扱いです。

遺言とは

遺言は遺言者がお亡くなりになられるとそこに書かれた内容のとおりに財産が分けられます。
遺言は、種類や書き方等のルールが決まっているのでしっかりとご自身で勉強されるか、専門家のアドバイスをお聞きになってから書かれることをお勧めいたします。

 

無料相談をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル 0129-773-015(075でもOK)

私のプロフィールです。もしよろしければ、ご覧ください。

 

当事務所の上記サポート料金の目安 3万円~

 

メニューへ戻る