相続と贈与、勘違いしていませんか? | 浜松遺産相続相談所

相続と贈与、勘違いしていませんか?

2017.06.20

無料相談をお受けしていると、相続と贈与を混同されている方が意外といらっしゃいます。

相続とは、ある方(被相続人)がお亡くなりなったときに、そのご家族等(相続人)が、被相続人の権利義務を包括的に承継することをいいます。

贈与とは、ある方(贈与者)の自己の特定の財産を無償で相手方(受贈者)に与えることを内容とする契約のことです。

言葉が難しいですね。

相続のポイントは、「死亡」により効力が発生して、包括的(プラスもマイナスも)に財産を承継するということです。

贈与は、「生前」に契約により財産が移転します。

これでも難しいですね。

当事務所では、お話をお伺いしながら、何を望んでいらっしゃるかを把握し、課題を整理しながら解決策をいっしょに考えていきます。

まずは、無料相談をお試しください。

フリーダイヤル0120-773-015(075でもOK)

相続が発生したら・・

相続でよくある5つの勘違い