基礎知識

遺言

遺言制度の利用について

遺言

当事者自治の原則に従って、被相続人は通常自分の財産について、自由に処分することが可能です。相続は、被相続人の遺産を承継する活動なので、原則として、被相続人は自分の遺産を自由に処分することが可能だとされています。自分が死亡した後には自分で...

遺言書を残したほうがよい場合

遺言

遺言書がない場合、法定相続人たちは法定相続分に従って、遺産を相続します。人には、遺言書を作成しなければならないという義務はないため、必要がないと思えば、遺言書を作らなくても構いません。しかし、人は、自分の意思で自分の遺産を処分したい場合...

無効となる遺言

遺言

遺言書が無効になるケースは少なくありません。方式とルールに従わない遺言書は無効になる可能性が極めて高いです。遺言書の方式が違うと、作成ルールも違いますので、ここで全部説明するのは不可能ではありますが、ここでいくつかの例を挙げ、ご説明いた...

トラブルにならない遺言書のポイント

遺言

遺言を作成する際に、一定のポイントを踏まえなければ、遺言が無効になったり、不備が生じたり、トラブルに繋がる可能性があります。遺言の形式が違うと、作成する際に注意しなければならないポイントも違ってきます。遺言は、主に普通方式と特別方式とい...

0120773075