基礎知識

成年後見人になるには?条件や手続きの流れを解説

成年後見

■成年後見制度とは成年後見制度とは、精神上の障害などにより事理弁識能力を欠く常況にある者の身上監護の事務を第三者に委託する制度をいいます。成年後見制度は、以下の二つに分けられます。・法定後見法定後見とは、すでに事理弁識能力を欠き身上監護が...

贈与契約書とは?必要性や司法書士に依頼するメリットなど

生前贈与

■贈与契約書とは?贈与契約書とは、財産の贈与契約について記録された書類をいいます。贈与契約書の内容としては、誰が、誰に対し、いつ、何を、どのような方法で贈与したか、といった事項を記載することとなります。贈与契約書を作成することにより、口だ...

相続とは

相続

相続という言葉を聞いたことがない人はいないでしょう。相続とは、被相続人の死亡により生じる法律現象の一つです。財物の無主化を防ぐために、亡くなった人の権利と義務を承継する人は通常「相続人」と呼ばれています。亡くなった人本人のことは「被相続...

相続手続きの全体の流れ

相続

相続は、被相続人の死亡により開始します。そのため、相続に関する手続きは、被相続人の死亡に関する手続きと、深く関連しています。相続だけでなく、被相続人の死亡についても様々な手続きをする必要があります。たとえば、死亡届の提出、葬式の準備、死...

法定相続人と法定相続分とは

相続

遺言書がある場合、相続人たちは遺言書に従って遺産を相続します。では、遺言書がない場合には、相続人たちはどのように遺産を相続するのでしょうか。財物の無主化を防ぐために、遺言書がない場合には、相続人たちは法律に従って、遺産を相続します。簡単...

未成年の相続手続き

相続

被相続人の子は、第一順位の血族相続人として、被相続人の遺産を相続するケースが多いと言えます。しかしながら、被相続人の子が未成年者である場合も多いです。未成年者は、成年者と同じように遺産分割に参加することができないので、未成年者の遺産相続...

遺言制度の利用について

遺言

当事者自治の原則に従って、被相続人は通常自分の財産について、自由に処分することが可能です。相続は、被相続人の遺産を承継する活動なので、原則として、被相続人は自分の遺産を自由に処分することが可能だとされています。自分が死亡した後には自分で...

遺言書を残したほうがよい場合

遺言

遺言書がない場合、法定相続人たちは法定相続分に従って、遺産を相続します。人には、遺言書を作成しなければならないという義務はないため、必要がないと思えば、遺言書を作らなくても構いません。しかし、人は、自分の意思で自分の遺産を処分したい場合...

無効となる遺言

遺言

遺言書が無効になるケースは少なくありません。方式とルールに従わない遺言書は無効になる可能性が極めて高いです。遺言書の方式が違うと、作成ルールも違いますので、ここで全部説明するのは不可能ではありますが、ここでいくつかの例を挙げ、ご説明いた...

0120773075