公正証書遺言 | 浜松遺産相続相談所

公正証書遺言

2015.07.20

相続対策・財産管理対策を急ぐべき理由

もめない相続の為の3ヶ条

 

公正証書遺言とは

 

公正証書遺言とは、公証人が、遺言者の口述をもとに遺言書を作成し、その原本を公証人が保管するもので、安全で確実な遺言書であることは間違いありません。

口述の際には、2名以上の証人立会いが必要です。(聴覚・言語機能障害者は、手話通訳による申述、または筆談により口述に代えることができます。)

公証人が作成した遺言書に、遺言者、証人、公証人が署名押印すれば、公正証書として認められます。

 

公正証書遺言の作成手順

 

(1) 誰に、どの財産を、どれだけ相続させるのかあらかじめ決めておきましょう

 

(2) 証人を二人以上決めましょう。

※推定相続人、受遺者およびそれらの配偶者並びに直系血族・未成年者・公証人の配偶者、四親等以内の親族、書記および雇人などは証人の資格がありません。

 

(3) 公証人と日時を決めましょう。

全国の公証役場で依頼でき、出向けない場合出張を依頼できます。

 

(4) 必要な書類を集めます。

①遺言者の印鑑証明書、戸籍謄本

②受遺者の戸籍謄本、住民票(親族以外の人に遺贈する場合)、法人の登記簿謄本(会社等の法人に遺贈する場合)

③財産特定のための不動産の登記簿謄本、固定資産評価証明書

④預金通帳のコピー

⑤証人の住民票などが必要です。

 

(5) 遺言の原案を作成しましょう。

作成された原本は、20年間もしくは遺言者が100歳に達するまでの、どちらかの長い期間、公証人役場に保管されます。公正証書遺言をお勧めする理由は、紛失、偽造を防止できることと、法的に間違いのないものが作成できることです。

 

 

公正証書遺言のメリット

  • 公証役場で保管されるので紛失や改ざんの恐れがない
  • 公証人が作成するので、ほぼ確実に遺言が実行できる

公正証書遺言のデメリット

  • 作成費用がかかる
  • 遺言の内容を証人に知られてしまう

 

無料相談をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル 0129-773-015(075でもOK)

私のプロフィールです。もしよろしければ、ご覧ください。

 

当事務所の遺言作成サポートの料金の目安 3万円(消費税別)~

 

メニューへ戻る