不動産の分筆と境界問題 | 浜松遺産相続相談所

不動産の分筆と境界問題

2015.07.05

境界問題

境界とは

境界とは、土地と土地の境のことです。

相続では、相続財産である不動産の境界が原因でトラブルになることがあります。

公図や登記上では、しっかりと境界があったとしても、実際に現地を見てみると、土地と土地の境界が全く違うこともあります。

 

隣の不動産が侵食していたり、置石が崩れていて境界が解らないなどの場合がありますから注意が必要です。

 

では、境界がはっきりしない場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

そんなときは以下のような方法で解決できます。

 

・土地家屋調査士に相談する

・境界問題相談センターなどの裁判外の紛争解決機関(ADR)に相談する

・筆界特定制度を利用する

・境界確定の訴えを起こす

・土地の分筆等を検討する

 

いずれにしても、境界問題で困ったことが生じた場合は土地家屋調査士や各県の境界問題相談センターに相談して公正な立場で判断してもらいましょう。

 

相続に関する無料相談をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル 0129-773-015(075でもOK)

私のプロフィールです。もしよろしければ、ご覧ください。

 

当事務所の料金の目安

相続に関する情報

1. 相続の基礎知識

相続に関する基本的な知識のぺージはこちらです。

2. 相続に関わる手続き

不動産が相続としてもらえそうだけど、実際にはどんな手続きが必要なの?とお考えに方は相続の具体的な手続きぺージをご覧ください。

3. 相続放棄・限定承認

相続放棄ってよく聞くけどどうやるの?相続放棄ではなく、いい部分だけ相続できないないの?限定承認ってなに?などについてお知りになりたい方はこちらです。

4. 相続時の不動産問題

相続できる不動産の価値はいくらなんだろう?相続税をなんとか減らす方法ないの?など相続の不動産に関係する事はこちらです。

5. 相続税申告・納税

そもそも相続税ってどういう仕組みなの?相続税の計算方法が知りたい!ざっくりでも良いから、自分のケースだとどれくらい相続税がかかるの?など相続税についてはこちらです。

6. 遺産分割協議

実際に相続財産をどう分割すればよいのだろうか?相続人で遺産分割についてトラブルになってしまった!など遺産分割に関わる事はこちらです。