相続不動産の評価方法 | 浜松遺産相続相談所

相続不動産の評価方法

2015.07.05

路線価と不動産鑑定士による評価

不動産の評価

相続税に最も大きな影響を与える財産のひとつが不動産です。

不動産の財産価値が高ければ高いほど相続税の負担も大きくなるようになっています。

ですから、相続税は不動産の価値、正確には不動産の評価方法によって大きく変わってしまうことがあります。

 

では、不動産の価値は誰がどのように算出するのでしょう。

一般的には、不動産の評価は税理士が路線価と不動産面積から算出します。

簡単に言うと、道路には値段が決まっていて、その不動産が接している道路の値段を調べて不動産の面積を数式に当てはめれば、不動産の大まかな価値を算出するのです。

路線価は税務署で調べることができます。

 

ただし、不動産は個別性の非常に高い財産ですから、これだけでは適正な不動産価格は出せません。

しっかりと現地に行って、高低差や、不動産の形、交通手段や周辺の施設をチェックして、それら要素を加味して、最終的に「不動産の価値」を算定するのです。

 

実は、意外と知られていないのですが、すべての税理士が、この不動産評価を出来るとは限らないのです。

なかには、相続税申告に慣れていない税理士もいて、その土地評価が適正ではないことがあるのです。

そのことによって、相続人が払わなくても良い相続税を払わされて、後になって訴訟になる、などのケースがあります。

 

不動産の評価に不安がある場合は、不動産鑑定士に相談するのも一つの手です。

不動産鑑定士とは、不動産の実勢価格を算出する国家資格をもつ人たちのことです。

要するに、不動産のプロフェッショナルです。

 

不動産鑑定士に土地評価を依頼すれば、その不動産を様々な角度から正確に評価をしてくれます。

 

 

路線価と面積だけの大雑把な数式ではなく、その不動産を個別的に評価してくれます。

税理士が評価して1億円だったものが、不動産鑑定士に評価してもらったら4,000万だった、ということもあり得ます。

 

もちろんすべてではありませんが、相続税が高いと思ったら、不動産の評価が適正になされていない可能性もありますので、相談してみてください。

 

相続に関する無料相談をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル 0129-773-015(075でもOK)

私のプロフィールです。もしよろしければ、ご覧ください。

 

当事務所の料金の目安

相続に関する情報

1. 相続の基礎知識

相続に関する基本的な知識のぺージはこちらです。

2. 相続に関わる手続き

不動産が相続としてもらえそうだけど、実際にはどんな手続きが必要なの?とお考えに方は相続の具体的な手続きぺージをご覧ください。

3. 相続放棄・限定承認

相続放棄ってよく聞くけどどうやるの?相続放棄ではなく、いい部分だけ相続できないないの?限定承認ってなに?などについてお知りになりたい方はこちらです。

4. 相続時の不動産問題

相続できる不動産の価値はいくらなんだろう?相続税をなんとか減らす方法ないの?など相続の不動産に関係する事はこちらです。

5. 相続税申告・納税

そもそも相続税ってどういう仕組みなの?相続税の計算方法が知りたい!ざっくりでも良いから、自分のケースだとどれくらい相続税がかかるの?など相続税についてはこちらです。

6. 遺産分割協議

実際に相続財産をどう分割すればよいのだろうか?相続人で遺産分割についてトラブルになってしまった!など遺産分割に関わる事はこちらです。