生命保険の受け取り | 浜松遺産相続相談所

生命保険の受け取り

2015.07.05

生命保険の受け取り

生命保険金については、その受取人がどの様に指定されているのかで分けて考える必要があります。以下の様に、分けて見ます。

 

ケース(1)特定の者が保険金の受取人として指定されているケース

ケース(2)保険金の受取人が「相続人」と指定されているケース

 

→保険金は自分の固有財産として取得するので相続財産には含まれません。

 

ケース(3)保険金の受取人が亡くなられた方自身とされているケース

 

→このケースでは、保険金は相続財産となります。

 

以上のとおり、

被相続人が生命保険に加入していた場合は、「死亡保険金の受取人に指定されている者」が保険会社に保険金を請求することとなります。

 

また、生命保険の受取人が指定されている死亡保険金は相続財産には含まれませんので、原則として、全額が受取人の固有財産となります。

 

 

生命保険金の請求する際に必要な書類

・保険金請求書(保険会社所定の物)

・保険証券・死亡診断書(死体検案書)

・被相続人の住民票及び戸籍謄本

・保険金受取人の印鑑証明書

・災害事故証明書、交通事故証明書(死亡原因が災害・事故による場合)

 

などです。

 

※必要書類は各保険会社によって異なる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

 

相続に関する無料相談をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル 0129-773-015(075でもOK)

私のプロフィールです。もしよろしければ、ご覧ください。

 

 

 

 

 

——————————————————————————–

→受取人が相続人の誰かの場合、

——————————————————————————–

→このケースも、被相続人が亡くなられた時点の相続人を指定しているのであって、その相続人は相続によってではなく、保険契約によって保険金を受け取ることになります。

 

従って、生命保険金は相続財産には含まれず、相続人の固有財産となるとされています(最高裁判所の裁判例)。受取人が相続人となっている生命保険金は、遺産分割協議の対象となりません。

また、受取人が単に「相続人」となっているときは、原則として、相続人が保険金を受け取る割合を相続分の割合によるとする指定も含まれ、各相続人は相続分の割合により保険金を取得する、とされています(最高裁判所の裁判例)。

 

当事務所の料金の目安

相続に関する情報

1. 相続の基礎知識

相続に関する基本的な知識のぺージはこちらです。

2. 相続に関わる手続き

不動産が相続としてもらえそうだけど、実際にはどんな手続きが必要なの?とお考えに方は相続の具体的な手続きぺージをご覧ください。

3. 相続放棄・限定承認

相続放棄ってよく聞くけどどうやるの?相続放棄ではなく、いい部分だけ相続できないないの?限定承認ってなに?などについてお知りになりたい方はこちらです。

4. 相続時の不動産問題

相続できる不動産の価値はいくらなんだろう?相続税をなんとか減らす方法ないの?など相続の不動産に関係する事はこちらです。

5. 相続税申告・納税

そもそも相続税ってどういう仕組みなの?相続税の計算方法が知りたい!ざっくりでも良いから、自分のケースだとどれくらい相続税がかかるの?など相続税についてはこちらです。

6. 遺産分割協議

実際に相続財産をどう分割すればよいのだろうか?相続人で遺産分割についてトラブルになってしまった!など遺産分割に関わる事はこちらです。