相続税の課税対象財産 | 浜松遺産相続相談所

相続税の課税対象財産

2015.07.05

相続税の課税対象財産

相続税がいくらになるのかは相続財産がどれだけあるのかによります。よって最も重要なことは、相続税がかかる財産がどれだけあるのかを把握することです。

 

相続対象の財産

相続税の対象となる財産は大きく、

 

1.本来の相続財産

2.生前の贈与財産

3.みなし相続財産

 

の3つに分類されます。

 

 

1.本来の相続財産

——————————————————————————–

被相続人の死亡時にその者の所有していた財産のことです。つまり相続人による遺産分割の対象となる財産です。

 

2.生前の贈与財産

——————————————————————————–

相続により財産を取得した者が、相続の開始前3年以内に取得した被相続人からの贈与財産及び相続時精算課税の適用を受けた財産のことです。

これらの財産はすでに被相続人の所有から外れていますが、相続税の計算上は相続財産として上乗せします。

 

3.みなし相続財産

——————————————————————————–

本来的に被相続人の財産ではないが、相続税の計算上はこれを相続財産とみなして、本来の相続財産に上乗せする財産のことです。

死亡保険金、死亡退職金などがこの分類に属します。

 

相続財産の種類

相続財産は以下のように分けられます。

 

プラスに作用するもの

——————————————————————————–

・土地・建物

・借地権・貸宅地

・現金・預貯金・有価証券(小切手・株券・国債・社債ほか)

・生命保険金・退職手当金・生命保険契約に関する権利

・貸付金・売掛金

・特許権・著作権

・貴金属・宝石・自転車・家具

・ゴルフ会員権

・書画・骨董

・自社株など

 

マイナスに作用するもの

——————————————————————————–

・借入金・買掛金

・未払の所得税・固定資産税・住民税等の公租公課

・預かり敷金・保証金

・未払の医療費

 

非課税財産

——————————————————————————–

・お墓・永代供養代金・香典・国などに寄付した財産

・生命保険金・退職手当金のうち一定額

 

個別の税務相談は、税理士さんをご紹介させていただきます。

フリーダイヤル 0129-773-015(075でもOK)

私のプロフィールです。もしよろしければ、ご覧ください。

 

当事務所の料金の目安

相続に関する情報

1. 相続の基礎知識

相続に関する基本的な知識のぺージはこちらです。

2. 相続に関わる手続き

不動産が相続としてもらえそうだけど、実際にはどんな手続きが必要なの?とお考えに方は相続の具体的な手続きぺージをご覧ください。

3. 相続放棄・限定承認

相続放棄ってよく聞くけどどうやるの?相続放棄ではなく、いい部分だけ相続できないないの?限定承認ってなに?などについてお知りになりたい方はこちらです。

4. 相続時の不動産問題

相続できる不動産の価値はいくらなんだろう?相続税をなんとか減らす方法ないの?など相続の不動産に関係する事はこちらです。

5. 相続税申告・納税

そもそも相続税ってどういう仕組みなの?相続税の計算方法が知りたい!ざっくりでも良いから、自分のケースだとどれくらい相続税がかかるの?など相続税についてはこちらです。

6. 遺産分割協議

実際に相続財産をどう分割すればよいのだろうか?相続人で遺産分割についてトラブルになってしまった!など遺産分割に関わる事はこちらです。