遺産分割協議(話し合い)の極意 | 浜松遺産相続相談所

遺産分割協議(話し合い)の極意

2015.07.26

 

 

 

 

 

 

 

 

◆「話し合い」をしていますか?

「遺産分割協議書に、兄弟姉妹が印鑑を押してくれないのです」

というご相談がよくあります。

なぜ、上手くいかないのでしょうか?

「そもそも、話し合いをしていないじゃないか~」

印鑑を押してくれない方々によくある言い分です。

書類だけ先に出来上がっていて、印鑑だけを押してもらうというやり方は避けた方がいいと思います。

 

◆自分の主張を先にしていませんか?

揉めるほとんどの原因が、自分の考えが正論であるという前提で、それを相手にぶつけることから始まっています。

まずは、相手(兄弟等)の考えや思いを聞いてから、自分の「おもい」を伝えてください。順番が大切です。

おそらく、相手の主張を先に受け止めてしますと、賛成したように取られるのがいやだというお気持ちがあるとは思いますが、

相手の話を先に受け止めることで、相手に自分の話を聞いてもらえる心のスぺースができます。

揉めているほとんどの方々がこの「スペース」を作らずに話し合いをしてしまっています。

ですから、実際には、話し合いではなく、主張の応酬になってしまっているのです。

 

私は次のことをお願いしています。シンプルです。

 

①話し合いをしていないのに、

協議書(書類)を先に作らないでください。

②兄弟姉妹(相手)の気持ちを先に聞いてあげてください。

⇒気持ちを受け止める⇒賛成するのではなく、何を言いたいのかを理解する。

③気持ちを聞いたら、「○○という気持ちなんだね」

と言葉にして反復してあげてください。

④最後に自分の気持ちを伝えてあげてください。

⇒「ほしい」ではなく、財産を守り繋いでいくという気持ちを。

 

特に相続は、それまでの人間関係の縮図です。

いろいろな想いが交錯します。

相手の気持ちを受け止め、財産を守り、繋いでいくという

自分の気持ちや覚悟を他の相続人と共有できれば、

ほとんどの話し合いが上手くいきます。

頑張ってください。

 

不安な方は、想いの整理のお手伝いをさせて

いただきます。

0120-773-075まで。 相談は無料です。

司法書士 名波直紀

~ある無料相談の風景~

遺産分割協議は「聞く」が先!

 

 

当事務所の料金の目安

相続に関する情報

1. 相続の基礎知識

相続に関する基本的な知識のぺージはこちらです。

2. 相続に関わる手続き

不動産が相続としてもらえそうだけど、実際にはどんな手続きが必要なの?とお考えに方は相続の具体的な手続きぺージをご覧ください。

3. 相続放棄・限定承認

相続放棄ってよく聞くけどどうやるの?相続放棄ではなく、いい部分だけ相続できないないの?限定承認ってなに?などについてお知りになりたい方はこちらです。

4. 相続時の不動産問題

相続できる不動産の価値はいくらなんだろう?相続税をなんとか減らす方法ないの?など相続の不動産に関係する事はこちらです。

5. 相続税申告・納税

そもそも相続税ってどういう仕組みなの?相続税の計算方法が知りたい!ざっくりでも良いから、自分のケースだとどれくらい相続税がかかるの?など相続税についてはこちらです。

6. 遺産分割協議

実際に相続財産をどう分割すればよいのだろうか?相続人で遺産分割についてトラブルになってしまった!など遺産分割に関わる事はこちらです。