生命保険の受取人が先に死亡した場合を想定していますか? | 浜松遺産相続相談所

生命保険の受取人が先に死亡した場合を想定していますか?

2018.06.30

 

 

 

 

 

自筆証書遺言や公正証書遺言では、財産を受け取る方が遺言者より先に又は同時に死亡した場合に備えて、予備的な定めをすることがよくあります。

一方で、生命保険は相続財産ではないので、相続財産の取得者を指定した遺言の効力は及びません。

そのことが、生命保険の盲点を生んでしまっていると感じています。

皆さんは、生命保険の受取人がどなたになっているかを把握されていますか?

受取人が自分より先にお亡くなりになった場合、受取人がどうなるか確認されていますか?

◆課題を解決する3つのステップ

①まずは、保険証券等で現状を把握する

②「〇〇の場合に、どうしたいのか」を決める

③遺言等を活用し、課題に対処する

当事務所では、相続・遺言の全体最適化をご提案させていただいています。

まずは、「お悩みの整理」をすることをお勧めする理由

 

★無料相談(電話のみもOK)をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル 0129-773-015(075でもOK)

スマホの方はここをクリックすると電話がかけられます。⇒0120773015

私のプロフィールです。もしよろしければ、ご覧ください。

面倒な不動産(土地・建物)名義変更登記手続きはお任せください!

当事務所の料金の目安

相続に関する情報

1. 相続の基礎知識

相続に関する基本的な知識のぺージはこちらです。

2. 相続に関わる手続き

不動産が相続としてもらえそうだけど、実際にはどんな手続きが必要なの?とお考えに方は相続の具体的な手続きぺージをご覧ください。

3. 相続放棄・限定承認

相続放棄ってよく聞くけどどうやるの?相続放棄ではなく、いい部分だけ相続できないないの?限定承認ってなに?などについてお知りになりたい方はこちらです。

4. 相続時の不動産問題

相続できる不動産の価値はいくらなんだろう?相続税をなんとか減らす方法ないの?など相続の不動産に関係する事はこちらです。

5. 相続税申告・納税

そもそも相続税ってどういう仕組みなの?相続税の計算方法が知りたい!ざっくりでも良いから、自分のケースだとどれくらい相続税がかかるの?など相続税についてはこちらです。

6. 遺産分割協議

実際に相続財産をどう分割すればよいのだろうか?相続人で遺産分割についてトラブルになってしまった!など遺産分割に関わる事はこちらです。